脱コミュ障、豊かな人生を目指して。

人間関係で悩む人、体験談や本から人生を変えるヒントを書いていきます。

コミュ障改善トレーニング その1

自分がコミュ障の原因を自分なりに考えてみた。

喋るときに伝わりやすいように頭の中で整理することが苦手だ、思い付きの言葉を並べて喋ってしまうので相手に伝わらなかったりする。

聞くときも相手の話を理解することができないので、その場しのぎで相槌をしてすぐに沈黙が訪れる。

コミュニケーションで一番大事なことは相手に共感して認めるということは何度も学んだ、話を聞けないということは相手のことを理解していないということ、そんなんじゃ友達なんてできない。

人間使わない能力はどんどんと衰えていく、コミュ障は頭の中で言語化する力が圧倒的に不足していると考える、改善するために日ごろから思考力を鍛える訓練が必要だ、アウトプットして口に出す、今自分は何を考えどう思っているのかを頭の中で言語化する、それを人に話すこと。

会話のトレーニングとしておススメは、ある物を人にわかりやすく説明する訓練。

たとえば四角形を他人に説明するとして、

「算数や数学の用語をできるだけ使わずに教える」「できるだけ短くわかりやすく教える」「正方形がわからない人にもイメージできるようにする」

 4つの辺が等しく平行~数学用語を使わずに表現すると?もっとわかりやすくできないか?などと考える練習をしよう、身の回りのもの何でも構わない。

コミュ障は思いついた言葉をそのまましゃべってしまうので会話がかみ合わなく通じない、トレーニングでしゃべる前にどうすればわかりやすく伝えることができるか?を考える癖を身に着けることが重要だ。

コミュ障は前頭葉の働きが弱っている、前頭葉は集中力や思考力など会話に大切な要素をつかさどっている脳の司令塔である。

部屋の片づけや面倒なことをすぐにやる習慣を身に着けることで脳を鍛えることにより間接的に会話力も上がるのではないか。

対人関係のファーストステップは挨拶をしっかりすることである、並行して脳トレをしていくことで少しずつ自信をつけることができればよいのだが、まだまだ修行中である。

 以下参考にした書籍

 

 

コミュ障改善法と会話術を考える。

今まで人付き合いもせずゲームばかりしていたせいで人と会話ができない人間になってしまった、これではまずいと思いここ数年どうすればうまくしゃべれるかを考えてきたまだまだ道半ばではあるが少しずつ改善の兆しが見えてきたので書きたい。

まずは話をしっかりときくこと、会話の主役は相手である、会話の間に適度に自分が理解したことを伝える「〇〇ということなんですね」「たしかに〇〇ですもんね」

相槌やリアクションは自分の中でやりすぎかな?と思うぐらいがちょうどよい、コミュ障は感情表現がニュートラルで乏しい。

人間は常に認められたいと思っている、傾聴しながら、あなたの話しっかり聞いてます、興味あります、をいかに表すか、自分が認められたいと思うならまず相手を認めることが大切だ。

相手がしゃべったことに対して何も思い浮かばないのがコミュ障である、二言目を誘発しない「Qこれはティッシュです」「Aそうですね....」終わり

僕はこれをやっていた、改善策としては日ごろから思考力を鍛えておくことだ、映画や本を読んだ後に感想をしっかりと言えるだろうか、「面白かった」程度しか出てこない人は100%コミュ障である。

相手がしゃべったことに対して深堀していくこと、5w1hを軸に展開する意識で。

頭で理解していても、実践ではまったくできないと思う、日ごろからコミュニケーションの機会を増やすこと、まずはしっかり話を聞き頭で理解する訓練をする。

はじめは挨拶をしっかりすること、なんとなく気が合わなさそうだな、自分より優れているな、という判断や思い込みを捨てて、「とりあえず挨拶してみよう」というマインドが大切。

毎日少しずつ会話の経験値を積む、ずっと人との会話を避けていたら永遠にコミュ障である、傷つくことを恐れない、好かれようとしない、嫌われるのを恐れない。

昨日の自分より少しでも成長できるように頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

    

 

無駄なことを考えない、自分の人生を生きよう。

もっと自分の時間を自分のために使おう。

考えても仕方がないこと、例えば「他人が自分のことをどう思っているか?」と考える、すべては憶測でしかないし答えなんて知りようがない、知ったところで何の意味もない、つまり無駄である、知りようがないものは考えない。

自分もラインの既読無視や返信までの時間などで悩んでいた、遅いと不安になったり返信が遅いと嫌われたのではないかと思ってしまう。

こんなことで悩んでいるうちは未熟者の証拠である、嫌われるのを恐れる=自分に自信がない、自信がないので他人の評価が気になって仕方ないという負のスパイラル。

これは自己肯定感が低いことが原因だ、過去の経験でミスや失敗を繰り返していると自分を卑下してしまう、自己憐憫を繰り返し自分を認められない、その反動で他人の評価を過度に気にしてしまう、自分がまさにそうだ。

他人の評価を気にせず自由にふるまえればどんなに生きやすくなるか。

そのために自分を肯定する習慣をつけよう、僕は朝6時に起きること、毎日ランニング又は筋トレをする、毎日勉強する、の3つを習慣としてやっている、今までと同じ生活を繰り返していたら永遠に自信はつかない。

3か月毎日続けようと思う、いい加減この腐りきった人生から脱却したい。

 

 

 

妄想をやめて心の平穏を手に入れよう

他人と比べて自分は劣っているとか優れているとか考えたりしないだろうか、僕はマウントを取りたがるしすぐに人と比べる癖がある、妄想癖から抜け出すにはどうすればよいか。

まずは「妄想している自分」に気づくこと、「自分は今妄想している」と言葉で確認する、目を閉じ頭の中の妄想を意識する、そして目を開き光や風景、体の感覚に意識を向け、今頭の中にあったのは妄想なのだ、と意識する。

瞑想は、妄想していることに気が付き、呼吸とマントラ「頭で唱える言葉」に集中することにより精神を安定させる効果がある。

妄想による決めつけや比較は、何のメリットもない暇つぶしと他人より優れていると決めて安心したい自己満足である、真実かわからないものは追わない、決めつけない、妄想は妄想でしかないと頭の中で唱えよう。

他人と比較する癖のある人は関心の輪が外に向いている、学歴や年収容姿頭の良さ、比べればきりがない、勝手に心にダメージを受けて自滅する。

変えられるのは自分のみ、比べてる暇があったらもっと内面を磨く努力をしよう。

人間関係にも通ずることだが、決めつけによる先入観を捨てニュートラルな心で接することが大切だ、心の壁を自ら作ってしまうと孤独の原因になる、思い込みや妄想による決めつけを捨てるようにしている。

妄想なんてばからしいことをやめて心の平穏と有意義な時間を手に入れよう。

 

 

スマホとの向き合い方と依存性

皆さん隙間時間にスマホを見てばかりいないだろうか?自分もインスタやツイッターの通知を休憩時間のたびに確認したり、

意味もなくネットニュースを見たりして時間をつぶしていた。

意味もなくスマホのアプリを開き時間をつぶすのはやめよう、SNSは「頭のいい人がいかにして人を夢中にさせるか」考えられて作られている、要はスロットやパチンコと同じ依存性がある。

見ず知らずの人と交流できたりするメリットもあるけれど、ただ単に暇だからツイッター見るか、という習慣は何のメリットもないのでやめよう。

ヤフーニュースやネットでくだらない記事を見て時間をつぶすのをやめよう、コロナ新規感染者とか、どこやらで事故があった殺人があったetc....大半のニュースは自分の人生に1mmも関係ない、自分はこいつらよりはマシだなという「安心感」を得るために時間を浪費していることに気づこう。

僕はほぼすべてのアプリの通知をオフにしている、休憩時間はスマホではなくキンドル端末を持ち歩いて読書をしている、帰宅後はスマホの電源をオフにして翌朝までは電源を入れない。

目的をもってスマホを使う分には便利ツールだけれど、暇つぶしやスマホを見るのが癖になってしまうと、無限に時間を搾取される恐ろしい病気にかかってしまうので皆さんも気を付けてほしい。

ここ数十年でデジタルが目まぐるしい発達を遂げているが使う人間の脳は何万年も前から進化していない、企業はいかにして人間を依存させて儲けるかを考えている、自制心を持たないとグーグルやfacebokの思うつぼだ。

自分の時間を大切にして日々成長していこう。

コミュ障改善方法 その1

 

いろいろと書籍を読んでコミュ障改善方法がわかってきたので改善策を書く。

普段会話しない人は言葉を思い出す能力が衰える、言葉を出力する回路がうまくつながらなくなるのでますます苦手意識が芽生えしゃべらなくなる悪循環。

改善策として30秒で固有名詞など10個口に出すこと、山の名前、都道府県、総理大臣など何でもよい。

会話するときは形容詞に頼らないように意識する、形容詞とは「すごい、おもしろい、やばい」など汎用性の高い言葉だが多用すると思考停止の原因になる、主語を意識してなぜそう思ったか、五感を使って表現するようにしよう。

なぜすごいと思ったか、なぜおいしいと思ったか、一歩踏み込んで表現できるようになると会話力が上がる。

電車などの移動時間や休憩時間などは周りの景色の実況中継をしてみる、電柱が見えます、曇りです、看板が見えます、思考を言葉にする訓練。

会話力は日々の積み重ねである、何事もいきなりうまくはならない、日ごろから少しずつ経験値を上げていこう。

誰かに今日の出来事を話してみる、一番しゃべりやすい人に「今日何々があってさ」などプラスアルファで自分なりの感想を言う、くだらないことでもいい、うまくしゃべれなくてもいい、ただし感情表現「リアクション」は意識すること。

過去の経験からの苦手意識を取り払うためにとにかく成功体験を積むことが大切。

 

 

自分にうそをつかないことが大切

僕は極度の怠け者だ、学校の宿題をまともにやったことは無いし、何かにつけてルーズで約束も守らないいい加減な人間だ。

しかし社会に出るといい加減な人間は出世しないし、首になったりするかもしれない。

自分に自信がないことの原因は、自分自身が決めた約束を守らないことからくる自己嫌悪だと思っている、過去の自分はこうだからどうせ俺なんてダメなんだと。

自信は成功体験の蓄積、過去に成功した経験があるから自分に自信がついてくる。

前日に明日やることを決めて、それを必ず実行するようにしている、はじめから無理な習慣は続かないので、自分は朝が苦手なので「朝6時に起きること」と「毎日1時間は最低勉強すること」を守るようにしている、それが達成できた時には自分をほめる、今まで苦手だったこと、できなかったことを毎日達成することによって自己肯定感が上がる。

今までの自分だと「明日から頑張ろう」といって永遠に実行できなかった、近々実家を出て一人暮らしをするので、このままでは永遠に底辺だ社会で通用しないぞ!という強い危機感が芽生えた、こんな自分を打破したい!と強く望めば人は変われると信じている。

昨日より成長できるように日々頑張ろう。